[PR] SEO対策 女のエロエロ日記 今日はちょっとしたお話です。
FC2ブログ








スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
c_01.gifブログランキング【ブログの惑星】
みんなのプロフィールSP NO.1エログランキング[ガールズ(個人エログ)]
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

今日はちょっとしたお話です。 

ブログで仲良くなった人のブログの日記です。

昨日の12時頃。お風呂もお互い入り終わり、
軽く晩酌をリビングでする事にした。
久しぶりにワインでも飲もうって事になったから
ワイングラスにワインをついで飲んだ。

でも俺はワインが好きでも銘柄とか詳しくないからなんともいえないんだけどね。

つまみにはチーズがあったからそれをかじりながら談笑をした。

やっぱり元気な妻と話すだけでも、俺は元気が出てるような気持ちになる。

暗い電気だと明るい雰囲気は出ないけど、明るい電気だとすべてが明るく見えるよ。
話こんでたらワインも二本ばかし空けてたww

俺等飲み過ぎ?

気持ちよくなったところで、ベットにあがった。俺はトイレに行きたかったからトイレへ行って
からベットへ行った。するとそこに居たのは…ただの妻じゃなくて
PK(パンツ食い込んだ)の妻が。どうして下半身が下着一枚なのか分からなかった。

妻「今日お酒のんだから、暑くて仕方ないよ~ふにゃ~」
あぁそういうこと可、別に露出狂ごっこでもしてるわけじゃなかったんだな。
妻「ねぇ~一緒に脱ぎ脱ぎしようよ♪2人の方が気持ちいいじゃない(´∀`)」
そんな顔をされると俺は弱い。でもお酒のせいで熱いのは確かな事。

俺「なら脱ぐよ。でも下だけ脱いでもあれだから、上も脱ぐ事にする」
妻「なら私も脱ごうかな。。。だって暑いしね(´∀`)」
俺「あぁいいんじゃないか。でも風邪だけはひかないように。」

2人で抱き合って寝てたけど、どうも妻の胸が俺の腕に当たって眠れない。
というか、興奮してしまった。妻が俺にこういった。

妻「さっきから胸当ててるの気付いてくれないの?こんなに一生懸命に当ててるのに…」
俺「そうだと思ってたよwwでも俺を興奮させてどうしたいんだいwwなんてね。」
俺「でもどうしてそんなに胸を押し当ててきて、何かあったのか?」
妻「だってあなたのむすこさんも下の方でビンビンに元気になってるじゃんww」
妻「その子がかわいそうだよ~しっかり対応しないとその子死んじゃう~」
妻「正直言えばだいぶしてないから私溜まってるんですけど~」

妻はそういいながら俺の手をしたの方へと導いた。
俺は触って驚いた。指がちょっと当たるだけでニュルって感触が分かった。
こんなに濡れてるなんて我慢してたんだな。
俺は妻のPKした食い込みをずらして濡れた蜜壷に指を入れてかき混ぜた。
妻は久しぶりの快感で喘ぎ声が止まらない様子だ。
見てるだけでそそられる。俺は舌もクリに吸い付くように舐めまわしてあげた。
その後は69の形になり、妻は俺の上にまたがって思いっきり腰を浮かして入れてきた。

その瞬間俺もハウッとなった。この瞬間が分かる人は分かるだろう。
そして妻は俺の上で今までの恨みといわんばかり、今までの我慢した分という感じに
俺のムスコを咥えたまま四方八方に動き出した。
この時のちょっときつくない程度に締め付けられる感覚がかなり好きだ。

この感覚を味わってる俺は、妻の乳首をこれでもかってぐらいにねじりつまんであげた。
このぐらいつままれるとかなり気持ちいいみたいだ。

俺はつまむ事と突くことで快感を得てる妻の顔を見ながら朽ちた。
でも妻は俺のアソコがなえたなど関係なく、満足するまで動き続けてる。
俺はすぐに勃起し、二回目に続けざま突入する事になった。

終わってみると三時。長い時間久しぶりのセックスを楽しんだ夜だったんだな実感。
そして俺は暗黙のルールの如く千円を渡した。
妻は熱くなった体を落ち着かせるかのように俺と眠りについた。

はぁ…なんだか夫婦っていいなぁて思いました。
それに人肌が恋しくなった感じです。
私はもっと色々な人と会おうって余計に思いました。
なんてね。
スポンサーサイト
[PR]

[PR]

c_01.gifブログランキング【ブログの惑星】
みんなのプロフィールSP NO.1エログランキング[ガールズ(個人エログ)]

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://masamin0930.blog18.fc2.com/tb.php/144-91b4153d








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。